title

メタコルチールの効果について詳しく解説

メタコルチールの効果とは

皮膚が乾燥し白く粉を吹いたような状態になる、痒みが発生する、皮膚に細胞の組織液が滲出してくる、こういった症状が特徴的な症状としてアトピー性皮膚炎があります。アトピー性皮膚炎は非常につらい症状であり、多くの人が悩む症状の1つです。

アトピー性皮膚炎はアレルギー症状に非常によく似た症状で、血量の際には抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬といった医薬品を使用します。

しかしアトピーの症状が酷い場合、抗ヒスタミン薬などでは症状が緩和しない場合があります。

その際に使用する医薬品が「メタコルチール」と呼ばれる医薬品です。

メタコルチールはステロイド製剤と呼ばれるステロイドを使用した医薬品で、患部に対して直接塗布し使用する外用薬です。

非常に優れたアレルギー症状の解消効果があり、重度のアトピーに対しても非常に優れた効果を発揮します。

効果・作用機序

メタコルチールの主な使用効果は抗炎症作用と免疫抑制作用になります。

アトピーの症状が現れている部位には、湿疹やかぶれといった症状が現れるようになります。

この炎症というのは、体内で生成されるプロスタグランジンやロイコトリエンと呼ばれる化学物質によって発生するものです。プロスタグランジンやロイコトリエンなどの物質は、体内に存在するアラキドン酸によって、アラキドン酸はホスホリパーゼA2という酵素によって活動が活発になります。

メタコルチールはホスホリパーゼA2の活動を間接的に阻害する働きがあります。

ホスホリパーゼA2の活動が阻害されると、ホスホリパーゼA2によって活動が活発化するアラキドン酸の活動が抑制され、それに伴いプロスタグランジンやロイコトリエンといった炎症を引き起こす物質の活動も抑制されます。その結果、皮膚の炎症などの症状が沈静化します。

次に免疫抑制作用についての説明です。アトピー性皮膚炎というのは花粉や埃、ハウスダストと呼ばれるものに対して過剰に免疫機能が働き、アレルギー反応が起こることによっても発生します。アレルギー反応というのはアレルゲンと呼ばれるアレルギーの原因物質が体内に侵入した後、B細胞と呼ばれるリンパ球の一種が反応します。

そうするとその反応が体の中を巡っていき、NF-kBとよばれるアレルギーの原因となる物質を放出する物質に伝達され、アレルギーの症状が発生するようになります。

メタコルチールはアレルギーの原因物質を放出するNF-kBに対して作用し、活動を直接阻害し弱める事によって、免疫機能を低下させます。

特徴

メタコルチールはステロイドを有効成分として配合したステロイド製剤の中でも、特に効果が強いという特徴があります。ステロイドというのは非常に優れた抗炎症作用や免疫抑制作用があり、重度のアトピー性皮膚炎に対しての治療効果がとても高いことが知られています。

その反面、使用する部位や方法といったものを誤ってしまうと、皮膚萎縮といった症状や緑内障などの重度の症状を引き起こすことがあります。

メタコルチールはそういった有効性と危険性を兼ね備えたステロイドの中でも、特に効果が強い製品です。

したがって、メタコルチールを使用する場合は必要最低限の量を使用し、短期間で使用を中断する、というような使用方法を心がける必要があります。

メタコルチールの発売元

メタコルチールはインドのマハーラーシュトラ州、ムンバイに本社を置くマクローズ(Macleods Pharmaceuticals)という製薬会社が製造する医薬品です。

マクローズは私達日本人からすると少々知名度が低い製薬会社であり、販売している製品に対しての疑問や不安といったものを感じる人もいるかもしれません。

しかしマクローズはインド国内では非常に知名度が高い製薬会社であり、インド国内に存在する製薬会社の中でも売上金額10位と、非常に多くの人がマクローズ社製のジェネリックを購入しています。

マクローズ社の従業員数は10,000人以上と非常に多く、結核やマラリアやHIVといった症状の治療に用いるジェネリックの製造に対して力を入れている企業です。

創業したのが約20年前と比較的新しい会社ですが、販売している製品のラインナップや価格などの面から非常に高い人気があり、創業から現在まで止まることなく急激な成長をしている企業になっています。

まとめ

皮膚に対して重度のアレルギー症状が発生し、痒みや痛みを伴う症状を発生させるアトピー性皮膚炎を治療する際には、メタコルチールの使用がオススメできます。

メタコルチールはステロイド製剤と呼ばれる副腎皮質ホルモンを使用し作られた医薬品の1つで、患部に対して直接塗布することによって効果を発揮する外用薬です。

メタコルチールには非常に優れた抗炎症作用、そして患部の免疫機能を抑制する免疫抑制作用があります。

この2つの作用が発生する事によって、炎症が発生する事によって起こる痛みや痒みを抑制しつつ、皮膚で過剰に働く免疫機能を抑えこみ、アトピー性皮膚炎の発症を抑制します。

非常に強力な医薬品のため、使用時には最低限の量を短期間使用する、というような使用方法を心がけるようにしましょう。